黒田氏は会談後、記者団に「物価は上昇していくと思うが、足元では(2%の)目標から遠いところにある。

 安倍晋三首相は17日、日銀の黒田東彦総裁と官邸で会談し、金融政策や国内外の経済情勢について意見を交換した。会談は1月11日以来、約4カ月ぶり。 黒田氏は会談後、記者団に「物価は上昇していくと思うが、足元では(2%の)目標から遠いところにある。

安倍晋三が辞める頃には日本はどうなっているのだろう。アベノミクスは格差を助長しただけ。ご両人とも責任とって辞任願います。2%の成長どころか消費税を10%に上げたらマイナス成長が常態化すると思う
発言に対する影響力は皆無政治とは物価の安定を図り、庶民の暮らしを守るのが本来の形なのだが。物価の上昇イコール好景気という発想おかしくないか?内閣総辞職でお願いします。
物価の上昇と国民の豊かさの実感が乖離している現状をなんとかしないと、物価上昇は国民に不安不満を与えるだけになるよ。情報操作では限界があるんじゃないかな?黒田総裁は影が薄くなっちゃったな、、、、、
起業5年以上の小企業に審査無しで3千万円公的貸出出来れば経済効果は間違いなくはるかに上がる。一般人にばらまいても何の意味も無い。一般銀行は資金豊かな会社でないと貸さないのは民進党内閣時代と同じ。負けを認めない。。。大本営発表みたいになってきた。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.