25年ぶりにリーグ優勝した昨年は記念商品などで収益を押し上げた。

 プロ野球広島カープが独自の販売戦略で、グッズの売り上げをこの十数年で15倍に伸ばしている。25年ぶりにリーグ優勝した昨年は記念商品などで収益を押し上げた。グッズ収入は前年比17億3千万円増となる過去最高の53億円となり、球団の全売上高の3割近くを占めるまでに成長した。

十数年で15倍なんて表現は普通しないね。しかし、もう少し安くならないもんかね?転売がたかるほど巨大市場になったということ行き過ぎてマツダのチケットすら取れないのは嬉しむべきか悲しむべきか
なんかある度にTシャツ出すからな。あのフットワークの軽さは見習うべき転売目的が多い。球団側は限定販売にする事で、転売を助長している。チケットに関してもだが、球団の『売れればいい』という根性が気に入らない。カープの選手は大好き。
500枚限定Tシャツとか、全く買えなくて最近は諦めてますよ。なんとか本当に欲しい人に行き渡る手段はないものですかねぇ…去年はTシャツが売れ過ぎて、その元になる赤い無地のものが枯渇する事態にまで発展(笑)。
本当のファンは良い時も悪い時も応援し続けている人のことをいう。強い時しか応援しないのは論外だか、弱い時しか応援しないのも本当のファンではない。弱いチーム応援しているオレかっけーと自分に酔ってるだけ。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.